経営理念・代表挨拶

11
12
13

社長インタビュー

syugou

Q1 どのような経緯で起業したのか。

独立する以前に勤めていた会社では、やりたいことと違い疑問を感じることが多くなりました。自分ならこのような会社を作りたいという思いはありましたが、独立心はまだ強いものではありませんでした。しかしその頃、大きな仕事が入り独立するか転職するかの決断を迫られた時、尊敬する方の助言もあり独立することを決めました。

そして今もお付き合いさせていただいている一人のオーナー様から、賃貸マンションの企画・建設・募集・管理を全て任せて頂いたのがテルミの始まりです。

すぐには投げ出すことのできない企画から管理まで、一連して行える事業は、飽き性の私の性格にとても合っていました。事業をスタートさせたら簡単に辞められない一生続く必要とされるビジネスをする。他の会社には任せられない管理業務を行い、お客様から愛され信頼を確実に得ていくことを目標にしました。

Q2 なぜ財産管理会社というサービスを立ち上げたのか。

会社設立当時、不動産業は仲介・建設・管理と事業体が分散しており、各業者その後のフォローがほとんどないことに疑問をもっていました。

そこを改善すべくテルミは、建てたあともオーナー様に安心していただける管理、責任をもって満室にする義務、そこへ入居してくださったお客様の暮らしと安全を守り24時間いつでも駆けつけられる体制を整え、オーナー様、入居者様の生活と財産を守る「財産管理会社」として事業を行っています。建築、管理、入居斡旋、リフォーム工事、大規模修繕、不動産再生などの事業を手掛け、お客様の財産を維持管理していくことがテルミの使命です。

Q3 社名と犬のロゴマークについて

社名は、息子と私の名前の漢字を合わせ「晃美(テルミ)」としました。さらにカタカナにすると8画で末広がりになる「テルミ」。いつか、日本一信頼できる管理会社に成長できるよう末広がりの未来を創造し、この社名にしました。

テルミのロゴマークである犬は、お客様の財産をお預かりし、生活や家、主人や家族を守る「番犬」の意味を込めています。犬種にコリーを選んだ理由は、名犬ラッシーのように聡明さ・豊かさを感じさせ、会社のイメージにあっていたからです。

Q4 管理会社であるのに挑戦しつづける理由

管理会社は「守る」イメージですが、受け身であるだけではお客様の財産は守れません。

どのようにしたら財産を守れるのか、常日頃から考え抜く必要があります。
今、世の中がどのような動きになっているのか、敏感に変化を感じ取り対策していく事が守ることに繋がります。私達は生き残る為に戦わなければなりません。そして勝つために、常に新しいことに挑戦し続けます。

独立する以前に勤めていた会社では、やりたいことと違い疑問を感じることが多くなりました。自分ならこのような会社を作りたいという思いはありましたが、独立心はまだ強いものではありませんでした。しかしその頃、大きな仕事が入り独立するか転職するかの決断を迫られた時、尊敬する方の助言もあり独立することを決めました。

そして今もお付き合いさせていただいている一人のオーナー様から、賃貸マンションの企画・建設・募集・管理を全て任せて頂いたのがテルミの始まりです。

すぐには投げ出すことのできない企画から管理まで、一連して行える事業は、飽き性の私の性格にとても合っていました。事業をスタートさせたら簡単に辞められない一生続く必要とされるビジネスをする。他の会社には任せられない管理業務を行い、お客様から愛され信頼を確実に得ていくことを目標にしました。

会社設立当時、不動産業は仲介・建設・管理と事業体が分散しており、各業者その後のフォローがほとんどないことに疑問をもっていました。

そこを改善すべくテルミは、建てたあともオーナー様に安心していただける管理、責任をもって満室にする義務、そこへ入居してくださったお客様の暮らしと安全を守り24時間いつでも駆けつけられる体制を整え、オーナー様、入居者様の生活と財産を守る「財産管理会社」として事業を行っています。建築、管理、入居斡旋、リフォーム工事、大規模修繕、不動産再生などの事業を手掛け、お客様の財産を維持管理していくことがテルミの使命です。

社名は、息子と私の名前の漢字を合わせ「晃美(テルミ)」としました。さらにカタカナにすると8画で末広がりになる「テルミ」。いつか、日本一信頼できる管理会社に成長できるよう末広がりの未来を創造し、この社名にしました。

テルミのロゴマークである犬は、お客様の財産をお預かりし、生活や家、主人や家族を守る「番犬」の意味を込めています。犬種にコリーを選んだ理由は、名犬ラッシーのように聡明さ・豊かさを感じさせ、会社のイメージにあっていたからです。

管理会社は「守る」イメージですが、受け身であるだけではお客様の財産は守れません。

どのようにしたら財産を守れるのか、常日頃から考え抜く必要があります。
今、世の中がどのような動きになっているのか、敏感に変化を感じ取り対策していく事が守ることに繋がります。私達は生き残る為に戦わなければなりません。そして勝つために、常に新しいことに挑戦し続けます。