HOME > スタッフブログ > テルミチャレンジ部! フラワーワークショップで目指せ、高嶺の花~♪

テルミチャレンジ部! フラワーワークショップで目指せ、高嶺の花~♪スタッフブログ

2018年07月27日

スタッフブログ

テルミチャレンジ部! フラワーワークショップで目指せ、高嶺の花~♪

今回は社内でパートさんとして働きながら、

アーティフィシャルフラワーの講師としても経験がある遠藤さんに、

フラワーワークショップを開催してもらいました!

 

新入社員の古森とテルママがBIZ ROOMへ飾るお花を。

2代目テル子は、内覧会を目前に控えたmirutei carinaへ飾るお花を作成していきます!

お花のセレクトは、遠藤さんとテル子とクロちゃんが事前に用意してくれました。

 

今回も気合い十分の古森。
頼もしいです。(笑)
 

今回使用するのは、アーティフィシャルフラワーとプリザーブドフラワー。
こちらをミックスして使っていきます。

 

アーティフィシャルフラワーとは?

 

アーティフィシャルフラワーとは、生花をリアルに再現した人工的な花、いわゆる造花です。「造花」には、「アートフラワー」や「シルクフラワー」や「フェイクフラワー」などなど、いろいろな呼び方がありますが、これらの呼び方を統一した呼び方にしようと、「日本アーティフィシャルフラワー協会(JAFA)」と花材メーカー「東京堂」が2002年に「人工的なお花」=「アーティフィシャルフラワー」とその名前を世の中に広めたんだそうです。
比較的、新しい言葉なんですね。

アーティフィシャルフラワーは主にポリエステルやポリエチレンといった素材で作られており、他のフラワーマテリアルと比べ耐久性に優れています。また、人工的な花のため、劣化しないこと、花材として再度利用しやすいことから、ビジネスシーンにおいて近年その価値が上昇しつつあります。

 

プリザーブドフラワーとは?

 

ドライフラワーや造花とはまったく異なる加工花。生花のうちに色素を抜き、特殊な染料を吸わせることで、色鮮やかな美しさとソフトな風合いを長期間にわたって保ちます。カラーバリエーションも豊富なので、水やりの必要もなく長く楽しむことができるそうです。
さて、全く未体験の私達!どうなるでしょうか?


 
まずは、お花を固定する為に花器に油粘土を敷き詰めていきます。
 

 

 
楽しそう。(笑)

花器の底に粘土を…
 

 

 

こんな感じで。

テル子も真剣!テル子がセレクトしたお花がかわいい~♡

 

土台を作ったら、まず花をどんな風に生けるか手でまとめてみるといいそうです。
中央にポイントとなる大きな花をもってきて、それを中心に他のお花をバランスよく組み合わせていきます。
同系色を斜めにもってくるなど、グルーピングすることがポイントだそう!

 


 
よし、イメージはこんな感じかな。
まずは自分の感覚でやってみよう

 

 

長さも調整しながら花器に生けていくのですが
特に面白いなと思ったのは、このお花は分解して使ってもいいこと!
切って茎部分がなくなっても、ワイヤーリングといって
ワイヤーを取り付けて茎として代用できるのです。
切ってもいい、曲げてもいい。やり方は自由!

先生曰く「お花の美しさがあるからどうにでもなる!」
は!名言や~
悩みすぎてなかなか手が動かない私達でしたが、
これを聞いて進みだしました(笑)
とりあえず、思いのままに!!
 

 

茎を切る時は、ハサミかペンチで!
硬い物もあるので気を付けてくださいね。
 

 
ど・れ・に・し・よ・う・か・な~
 


 

キラーン☆

みんな、撮影に協力的で助かります。(笑)
 

 

素敵な色合いのお花だぁ。
生花にはない、この色合いはアーティフィシャルフラワーならでは♪
 

 

悩むのもまた、楽しい!

 

 


 

葉っぱ、どの位置がいいかなぁ~

ちょっとしたバランスに、あーでもない、こーでもないと試行錯誤!!
 


 

みてみて♡こんなに素敵にできあがりました♪
 


 

テルママ作!
どうですか?それ風。(笑)
でも、後ろを見るとこんな感じ・・・汗

 

 

こーんな曲がっています・・・後ろ見せられないですね・・・

先生の、みてください!

 

 

実のついた花(ヒペリカム)を使っていますが、
先生の方はぜんぜん違うー無理にぐいって曲げてないもの!
 

 


 
遠藤さんが作成している所に群がる人達。(笑)
やっぱり、プロ!
隙間を埋めるべく手際よく花を少しずつ足していく先生。
ぜんぜん違うんです、本当美しい!
 

 

 

 

 

 
ジャジャーン!完成!

今回は載せたい写真が盛りだくさんで、長くなってしまいました!
最後までご覧頂き、ありがとうございます。

生花と違って、長く楽しむことができる
アーティフィシャルフラワー!
お花を飾ることで、部屋の印象がぐんとよくなる!
気持ちに余裕も生まれるかも!?
お花のある生活、はじめてみませんか?

お問い合わせはコチラ
Copyright(c) 埼玉の建物管理・不動産管理・管理会社変更なら地域密着型の株式会社テルミ Co.,Ltd
テルミの賃貸
テル子がいく